「三日月の丸くなるまで南部領」南部氏戦国大名化初期の館 遺構発掘進む(2017年11月8日)

投稿者: | 2017年11月8日

今日(2017年11月8日)もまた新たな発見のニュースがありました。今回は、「三日月の 丸くなるまで 南部領(三日月のとき出発して、満月になるまで歩いてもまだ南部領というくらい領土が広い!)」と謳われ、南部氏の最盛期を築いた「南部晴政」がその青年期に館としていた「聖寿寺館(しょうじゅじたて)」の発掘調査で新たな遺構が発見されました。

聖寿寺館とは

南部晴政は1517年生まれなので、22歳頃まで過ごした館ということになります。

聖寿寺館跡は、青森県南東部、奥州街道と鹿角街道の合流点付近、馬淵川沿いの交通の要衝に立地する、南部氏本宗家の室町時代から戦国時代の本拠地です。南部氏は甲斐源氏の支流で、南北朝期に勢力を伸張し、戦国時代に東北北部地方に覇をとなえ、東北地方を代表する武士団とされています。盛岡藩の史書では、聖寿寺館は14世紀末頃から南部氏の本拠地とされていましたが、1539年(天文8)に家中の内紛によって焼亡したとされ、創建期の記録もほとんどが伝承となってしまいました。

出典: www.town.aomori-nanbu.lg.jp

聖寿寺館からは当時の南部氏の権威や都との交流を象徴するような、貴重な金箔土器や高級陶磁器が出土しています。金箔土器は東北地方では聖寿寺館跡からしか出土していません。

出典: www.town.aomori-nanbu.lg.jp

新たな遺構発見(今回の報道)

南部・聖寿寺館跡で新たに大型建物跡を発見」デーリー東北

宗教施設?2階建て?南部町で中世の建物跡」東奥日報

規模は南北約18メートル、東西12メートル以上で、柱を立てるための穴が大きく、重い物を支える際に柱の下に敷く根石(ねいし)が建物中心部に集中的に配置されていた。これまで史跡内で見つかっていた建物よりも荷重の掛かる上屋があったとみられる。専門家は宗教的施設や2階建ての建造物があった可能性を指摘する。

出典: headlines.yahoo.co.jp

今後も、遺構の発掘調査は続きます。今回の発見も含めて全体像が明らかになるのが楽しみですね。

この調査の模様は、「南部町 史跡 聖寿寺館跡」で詳しくご覧いただけます。

史跡聖寿寺館跡発掘調査現地説明会について

この成果を広く町内外の方々に周知・公開するため、以下のとおり発掘調査現地説明会を開催いたします。
1 日  時 平成29年11月18日(土曜日) 13:30~14:30(雨天決行)
2 場  所 史跡聖寿寺館跡(三戸郡南部町大字小向字舘4-2)
3 対  象 どなたでもご参加いただけます
4 主な遺構 大型掘立柱建物跡、竪穴建物跡、溝跡、通路跡、中世カマド遺構、虎口遺構
5 主な遺物 陶磁器(青磁、白磁、染付、瓦質土器)、石製品、青銅製品、鉄製品、銭貨等

出典: www.town.aomori-nanbu.lg.jp

南部晴政と秀吉 ふたりの少し似ているところ

特にこの2人が出会って何かしたということではありません。少しだけ共通点があります。それは、子どもにすぐに恵まれなかったことです・・。そして2人とも親戚関係から養子をもらい後継といったんします。すると実子が誕生し、養子の後継が疎ましくなってしまうのです。戦国時代、自分が命をかけて築いたものは、やはり血を引く我が子に譲りたくなるのが人情なのでしょうね。それでも養子に同情してしまいます。ちょっととりとめのないこと書きました。すみません。

南部晴政