【散り椿】気になる時代劇 ドラマ・映画一覧(2018~)【蚤とり侍】

投稿者: | 2017年11月12日

歴史の好きな方が、おそらく気になる時代劇を中心に今後の放映・公開予定をまとめています。自分のなかで作っているイメージと、俳優さんの演技とがかなり近いと嬉しくなりますよね!反対に、良い意味でイメージを覆すようなシナリオや演出があっても「なるほど~こんな描き方があるのか~」と楽しくなります。そんな時代劇を見忘れることのないように備忘録的にまとめます。(最終更新2018年5月14日)

映画一覧

「散り椿」

2018年9月28日 公開

映画「散り椿」オフィシャル 

【出演】岡田准一、麻生久美子、西島秀俊、黒木華、池松壮亮 ほか

享保15年。 かつて藩の不正を訴えたが認められず、故郷を出た男、瓜生新兵衛(岡田准一)。 連れ添い続けた妻の篠(麻生久美子)が病に倒れた折、彼女から最期の願いを託される。 それは『藩に戻りて、榊原采女様(西島秀俊)を助けてほしい』というものだった。 新兵衛にとって采女は、かつては良き友であり良きライバルであり、また篠を巡る恋敵でもあった。 そして新兵衛の離郷に関わる大きな因縁を持つ二人であった。 妻の最期の願いを叶えるため、新兵衛は過去の藩の不正事件の真相と、その裏に隠された妻・篠の本当の気持ちを突き止めようと奔走する。 篠の妹、坂下里美(黒木華)とその弟・坂下藤吾(池松壮亮)は、戻ってきた新兵衛に戸惑いながらも、亡くなった篠を一筋に想いやる姿や、侍としての不正を正そうとする凛とした生き方にいつしか惹かれていく。そして、ある確証を得た新兵衛は、かつての親友の采女と対峙する。 そこで過去の事件の真相や妻が遺した願いの苦しく切なくも愛に溢れた本当の想いを知ることになっていく……。 しかし、その裏では大きな力を持ったものが新兵衛を襲おうとしていた……。

出典: www.toho.co.jp

岡田准一×木村大作 映画『散り椿』特報&ポスタービジュアル解禁 2018年5月14日 ORICON

「蚤とり侍」

2018年5月18日 公開

蚤とり侍オフィシャル

【出演】 阿部寛(小林寛之進)、寺島しのぶ(おみね)、豊川悦司(清兵衛)、斎藤工(佐伯友之介)、風間杜夫 (甚兵衛)
【監督】鶴橋康夫
【原作】小松重男
【脚本】鶴橋康夫

越後長岡藩士として出世コースを邁進する小林寛之進(阿部寛)は、ある失言から、藩主・忠精(松重豊)の逆鱗に触れ、左遷されてしまう。その左遷先は、猫の”蚤とり”を生業とする貧乏長屋。そこには、旦那の甚兵衛(風間杜夫)と女房のお鈴(大竹しのぶ)、貧しい子供たちに読み書きを教える友之介(斎藤工)が暮らしていた。戸惑う寛之進の初めての猫の”蚤とり”客は、亡き妻・千鶴に瓜二つの女・おみね(寺島しのぶ)!この運命的な出会いに胸高鳴る寛之進であったが、彼女から浴びせられたのが、この一言。「この、下手クソが!!!!」猫の“蚤とり”とは、女性に“愛”をご奉仕する裏稼業であったのだ!

出典: hlo.tohotheater.jp

阿部侍が!豊川侍が!文枝侍が仰天登場!大阪松竹座で映画「のみとり侍」試写会 2018年4月30日 サンケイスポーツ

「パンク侍、斬られて候」

2018年6月30日 公開予定

パンク侍、斬られて候オフィシャル

主演:
綾野剛
北川景子
東出昌大
染谷将太
浅野忠信
村上淳
若葉竜也
近藤公園
渋川清彦
國村隼
豊川悦司
脚本:宮藤官九郎
監督:石井岳龍


綾野剛が演じる主人公、掛十之進(かけ じゅうのしん)は“超人的剣客”にして“テキトーなプータロー侍”。自らが蒔いた種よって生まれる大惨事に七転八倒する、喜怒哀楽と活劇が入り混じる難役であり、これまでに演じてきたどのキャラクターとも違う、ネクスト・ステージの綾野剛がご覧頂けるであろう。原作は芥川賞作家、町田康が2004年に発表した傑作小説「パンク侍、斬られて候」。江戸時代を舞台にしながらも、今っぽい口語による滑稽な会話の応酬、次から次へと登場する特異なキャラクター、驚きに満ちたストーリー展開、そしてド肝を抜く大団円・・・。

出典: www.toei.co.jp

「サムライせんせい」

2017年11月 薩長土肥先行公開 2018年新春公開

「サムライせんせい」オフィシャル

【出演】市原隼人(武市半平太)、忍成修吾(楢崎梅太郎/坂本竜馬)ほか

幕末150周年記念作品として製作された映画『サムライせんせい』。原作は、黒江S介の同名コミックス「サムライせんせい」(リブレ刊)。物語は、歴史の教科書でお馴染みの幕末を生きた高知県出身の武士・武市半平太がタイムスリップした現代日本で学習塾を手伝うことで繰り広げられる痛快なストーリー。

出典: samuraisensei.com

『SAMURAI MARATHON』(仮題)

2018公開予定

『SAMURAI MARATHON』(仮題)

侍が走る!日本初のマラソン”安政遠足(とおあし)”を描く痛快時代劇映画。
原作は、映画『超高速!参勤交代シリーズ』の土橋章宏の小説『幕末まらそん侍』
監督はハリウッドのバーナード・ローズ。
プロデューサーは『ラストエンペラー』、『シェリタリング・スカイ』のジェレミー・トーマス。
米国アカデミー賞受賞スタッフが新しいSAMURAI映画を描きます。

出典: s-sedic.jp

「引っ越し大名」(仮題)

2019年公開予定

【出演】 星野源(片桐春之介役)、高橋一生(鷹村源右衛門役)、高畑充希(於蘭役)

【監督】 犬童一心(のぼうの城)

【脚本】 土橋章宏(原作者)

星野源が“引きこもり侍”に!「非常にワクワク。精いっぱい楽しみたい」 2018年4月30日 ザテレビジョン

星野源 時代劇映画に初挑戦「ワクワク」2018年4月30日 スポーツニッポン

歌手で俳優の星野源(37)が、来年公開の主演作「引っ越し大名(仮題)」(監督犬童一心)で時代劇映画に初挑戦する。
作家・土橋章宏氏の小説「引っ越し大名三千里」が原作で、江戸時代に7回もの国替えを命じられた松平直矩(なおのり)をモデルに、莫大(ばくだい)な費用がかかる国替えを知恵と工夫で乗り切ろうとする姫路藩士たちを描く痛快エンターテインメント作品。星野は姫路藩の書庫番で、書庫にこもりっきりで人と接するのが苦手な“引きこもり侍”役。藩が豊後(大分県)日田への国替えを命じられ、厳しい財政状況の中、お国の一大事を取り仕切る引っ越し奉行に任命され奮闘する。

出典: www.sponichi.co.jp

引っ越し大名こと「松平直矩」は実在した大名です。

TVドラマ一覧

正月時代劇風雲児たち~蘭学革命(れぼりゅうし)篇~

2018年1月1日(月)NHK総合 よる7時20分~8時49分

正月時代劇風雲児たち~蘭学革命(れぼりゅうし)篇~」NHK

【出演】片岡愛之助(前野良沢)、新納慎也(杉田玄白)、山本耕史(平賀源内)、草刈正雄(田沼意次) ほか

正月時代劇風雲児たち~蘭学革命(れぼりゅうし)篇~
大河ドラマ「真田丸」より1年――。三谷幸喜が満を持して送る究極のエンターテインメント時代劇!
あの三谷幸喜さんが「真田丸」以来、1年ぶりにNHK時代劇に帰ってきます。今度のお題は前野良沢と杉田玄白による〝蘭学事始〟。史上初の西洋医学書の和訳に一心同体で取り組んだ二人は、鎖国ど真ん中の江戸中期に革命的な翻訳を成し遂げます。しかし、刊行された「解体新書」になぜか良沢の名は載らず、名声は玄白だけのものとなりました。二人の間にいったい何が起きたのか…。みなもと太郎さんの大河歴史ギャグ漫画を原作に、笑いとサスペンスに満ちた新しい三谷流歴史ドラマが誕生します。

出典: www.nhk.or.jp

大河ドラマ 西郷どん

2018年 日曜日 NHK総合 よる8時 BSプレミアム よる6時

「西郷どん」NHK

鈴木亮平<主人公・西郷吉之助(隆盛) 役>
錦戸 亮<西郷従道(信吾)役>
二階堂ふみ<愛加那 役>
藤木直人<阿部正弘 役>
ミムラ<大久保満寿 役>
井戸田 潤<桂 久武 役>
田中道子<タマ 役>
竜 雷太<調所広郷 役>
佐野史郎<井伊直弼 役>
伊武雅刀<徳川斉昭 役>
尾上菊之助<月照 役>
又吉直樹<徳川家定 役>

肖像写真が一枚も残っておらず、その生涯は謎に満ちている西郷隆盛。
西郷は三度死んだ男。二度の島流し、三度の結婚を経て、類いまれな「勇気と実行力」で徳川幕府を転覆し、維新を成し遂げますが、最期は明治新政府と戦い命を散らします。

その素顔は、脇は甘く、愚直でうかつ。けれど、彼に出会ったものは皆、西郷が好きになり、愛嬌(あいきょう)あふれる男の周りには、いつも“笑いと愛と波乱”が満ちています。極貧の家に育った男は「すべての民が幸せに暮らしてこそ日本国は強くなる」と信じ、人を愛し、故郷を愛し、国を愛し、民を愛し…“見返りを求めない愛”を与え続けました。人は親しみを込めて、男を『西郷どん(セゴドン)』と呼びました。

2018年、「勇気と実行力」で時代を切り開く“愛にあふれたリーダー”が、日本の日曜よる8時に元気をお届けします。

出典: www6.nhk.or.jp

大岡越前4

2018年1月から BSプレミアム 毎週金曜 よる8時 <連続8回>

【出演】東山紀之 ミムラ 近藤芳正   寺脇康文 松原智恵子 平岳大 津川雅彦 ほか

BS時代劇 大岡越前4

義をもって罪を罰し、情をもって人を裁く。ご存じ「大岡越前」、第4シリーズの制作が始まります。2013年、東山紀之さんを主役に迎えて始まったシリーズは、厳しくも暖かい眼差しで人間を見つめる大岡越前守忠相の人情と理性を兼ね備えた名裁きで、笑いと涙、そして爽やかな感動を呼んできました。本シリーズでは、名裁きをかげで支える大岡ファミリーの温もりあふれる家族愛にもスポットを当て、普段は冷静沈着な大岡忠相の、ほっとする意外な魅力を描いていきます

出典: www.nhk.or.jp

ドラマスペシャル『眠狂四郎 The Final』

2018年2月17日(土)フジテレビ よる9時~11時10分

【出演】田村正和(眠狂四郎 役)吉岡里帆(操 役)八嶋智人(金八 役)津川雅彦(松平主水正 役)名取裕子(文字若 役)椎名桔平(加賀美耀蔵 役)他

とれたてフジテレビ ドラマスペシャル『眠狂四郎 The Final』

「眠狂四郎」は柴田錬三郎の豪剣小説の主人公。1956年から「週刊新潮」で連載がスタートし、幾度となく映画やテレビでシリーズ化され人気を博してきました。これまで何人もの名俳優たちが眠狂四郎を演じてきたが、その中でも異彩を放っていたのが1972年~73年の連続ドラマで主人公を演じた田村正和。田村が演じる狂四郎は、武家社会の醜さや町人世界のあくどさを嫌悪しながら、彼の腕や美貌を利用し、甘い汁を吸おうとする悪徳大名や商人に正義の剣をふるい、その姿は当時世間の注目を浴びました。そしてフジテレビ系列の制作としては、およそ半世紀の時を経て「田村正和×眠狂四郎」が復活を果たします

出典: www.fujitv.co.jp

新しい情報が入り次第更新してまいります。

平成最後の年末年始に観たい!2018年末時代劇~2019新春時代劇特集