名古屋城天守閣 木造復元への道(随時更新)

投稿者: | 2018年1月6日

江戸期より「伊勢は津でもつ、津は伊勢でもつ、尾張名古屋は城でもつ」と謳われている「日本三大名城」のひとつ名古屋城。現在木造復元に向けてプロジェクトが進行中です。新築の忠実に復元された木造の城、こんなお城には誰も入ったことはないことと思います。やるからにはしっかりと当時を再現してほしいなと思いつつ、応援の気持ちも含めて「復元への道」を見守りたいと思います。(最終更新2018年5月18日)

スポンサーリンク

木造復元された天守閣の竣工時期は、平成34 年12 月と予定されています。

名古屋城天守閣 木造復元について 名古屋城公式WEB

以下、最新の情報が上位となります。

エレベーター問題協議会設置へ(2018.5.18)

木造復元の名古屋城エレベーター問題協議会立ち上げへ 2018年5月18日 CBC

名古屋市は17日の市議会の委員会で、バリアフリーの方法を決めるうえで、7月末までに復元工事を請け負う竹中工務店や障害者団体などでつくる協議会を立ち上げる考えを示しました。

出典: hicbc.com

エレベーターなしの方針(2018.5.8)

名古屋城天守閣、江戸の姿でエレベーターなしへ 2018年5月8日 読売新聞

名古屋市は最大約504億円の事業費をかけ、2022年12月の木造復元を目指す名古屋城の天守閣に、エレベーターを設置しないことを決めた。江戸時代の姿の再現を優先する。9日開く市の有識者会議で最終案として示す。時代に合わせたバリアフリー化を求めてきた障害者団体の反発は必至だ。

出典: www.yomiuri.co.jp

天守閣が入場禁止に(2018.5.7)

名古屋城天守閣が入場禁止、木造復元で解体へ 2018年5月7日 読売新聞

名古屋城は7日、天守閣への入場が禁止となった。管理する名古屋市が2022年12月の完成を目指す木造復元を進めるためで、鉄筋コンクリート造の現天守閣は19年9月から解体する。

出典: www.yomiuri.co.jp

「エレベーターなし」河村市長、再び見解(2018.4.24)

名古屋城新天守「エレベーターなし」河村市長、再び見解 2018年4月24日 朝日新聞

名古屋市の河村たかし市長は23日の記者会見で、名古屋城木造新天守にエレベーターを設置するかどうかについて「普通はエレベーターなしです」と述べ、設置を見送るべきだとの考えを改めて示した。市は24日に専門家の意見を聴く会議を開き、5月に方針を公表する予定だ。

出典: www.asahi.com


スポンサーリンク

EV設置問題3案提示も忠実と乖離(2018.3.28)

名古屋城木造天守閣復元 EV設置問題で名古屋市が“4人乗り”等3案提示も「史実と乖離生じる」2018年3月28日 東海テレビ

28日開かれた有識者会議「天守閣部会」で、市は内部に「4人乗り」か「11人乗り」を、また外付けで「11人乗り」のエレベータ―を設置する3つの案を検討していることを明らかにしました。 ただ、忠実な再現にこだわる市は3案を実行した場合「史実と乖離が生じる」としています。

出典: tokai-tv.com

バリアフリー対策の方針決まらず(2018.3.8)

名古屋城天守閣木造復元 2022年12月の完成に遅れも? バリアフリー対策の方針決まらず 2018年3月8日 東海テレビ

名古屋市では庁内にプロジェクトチームを立ち上げてバリアフリー対策を検討していて、3月中には結論を出す予定でした。 しかし、8日の市議会経済水道委員会で、市の担当者は<エレベーターを天守閣内部に設置する><外部に設置する><エレベーターを設置しない>という庁内の基本方針がまだ定まっておらず、その後に障がい者団体や有識者から意見を求めるスケジュールを考えると、3月中の方針決定は難しいとの報告をしました。

出典: tokai-tv.com

石垣 専門家「不安定で崩落の恐れも」(2018.3.6)

名古屋城天守閣周辺の石垣 専門家「不安定で崩落の恐れも」 濃尾地震後の修復不適切か 2018年3月6日 東海テレビ

6日の会合で、専門家らは石垣の根底部分をきちんと押さえる構造物がないため不安定で、崩壊の恐れもあるとの認識を示しました。明治時代の濃尾地震で崩れた石垣の修復工事が不適切だったとみられるということです。

出典: tokai-tv.com

“天守閣”VS“石垣”止まぬ専門家の対立(2018.2.14)

“天守閣”VS“石垣”止まぬ専門家の対立…名古屋城天守閣木造化 有識者会議がまた紛糾 2018年2月14日 東海テレビ

「私は間違ったことは言っていないと思う」(同・建築の専門家) 建築の専門家は「石垣の専門家は安全性を考えていない」とした発言について、言葉が足りなかっただけで趣旨が理解されていないと反論。 さらにその発言を巡って河村市長が謝罪と発言の撤回を求めたと市が石垣の専門家に説明したことに対し、「市長からそういった発言は聞いていない」と市の説明は事実と異なると反論。市の対応について「詭弁だ」と非難しました。

出典: tokai-tv.com

全然関係なのですが、306年前(正徳2年)の2月14日は、名古屋城の象徴である金の鯱が大凧に乗った盗賊柿木金助に盗まれかかったとされる日です。大凧で金鯱の高さまで人を飛ばせたらそれだけで見世物として成り立ちそうですね(笑)

◇柿木金助の伝説
凧に乗って金鯱の鱗3枚を盗んだ怪盗、柿木金助の話は芝居などで知られています。天明3年(1783)に大坂で、初代並木五瓶作「傾城黄金鯱」が上演されてから、柿木金助は金鯱泥棒として、人々に知られるようになっていったようです。柿木金助は実在の人物ですが、実際に押し入ったのは名古屋城本丸の土蔵で、凧ではなくて舟をつかって逃走したと言われています。実際の金助はこれ以外にも、濃尾各地で悪事を重ね、宝暦13年(1763)8月21日、名古屋の町を引き回しのうえ、磔(はりつけ)獄門に処せられました。

出典: www.museum.or.jp

「石垣部会」が再開(2018.1.30)

名古屋城「石垣部会」が再開 有識者会議での発言めぐり対立で4ヵ月中断後  2018年1月30日 名古屋テレビ

有識者会議での発言を巡る対立で、中断していた名古屋城の石垣の保全を検討する部会が再開されました。

出典: www.nagoyatv.com

石垣調査条件付き再開へ(2018.1.18)

名古屋城石垣調査条件付き再開へ 2018年1月18日 NHK

名古屋城天守閣の木造での復元をめぐって、専門家の会議が紛糾した影響で、石垣の調査が中断していることについて、石垣の専門家らは名古屋市に対し、条件付きで調査の再開を認める考えを伝えました。

出典: www3.nhk.or.jp

「市民向け説明会」・「シンポジウム」を開催

名古屋城天守閣木造復元「市民向け説明会」・「シンポジウム」 2017年12月25日 名古屋市

平成30年1月に市内5会場で市民向け説明会が、1月28日(日)には市長参加のシンポジウムが開催されます。

名古屋城の天守木造化「エレベーターを」 説明会で意見 2018年1月18日 朝日新聞

名古屋市は、2022年末の完成を目指す名古屋城天守木造化について市民向けの説明会を始めた。木造化の狙いや進み具合、5月からの現天守入場禁止措置などを伝えている。24日まで計5回開催。28日には中区で河村たかし市長が出席するシンポジウムを催す。

出典: www.asahi.com

エレベーター設置検討へ初会合

名古屋市は28日、名古屋城木造新天守にエレベーターを設けるかどうかを検討するプロジェクトチーム(議長・堀場和夫副市長)をつくり、初会合を開いた。観光分野のほか、福祉や教育を担当する幹部が部局を横断して議論し、来年3月に結論を出す方針だ。

出典: www.asahi.com

天守閣の屋根の色を議論

屋根が今の“緑”じゃなくなる…!? 名古屋城天守閣 木造化で屋根の色が様変わりの見通し 2017年12月20日 東海テレビ

20日開かれた名古屋城天守閣の木造復元について話し合う有識者会議で、名古屋市は史実に忠実に天守閣を復元するにあたり屋根の復元案を複数示しました。 案では銅瓦の屋根を松ヤニにエゴマ油や鉛などを混ぜた塗料で黒く塗る方法や塗装せずに酸化させる方法など複数案が示されましたが、いずれも現在の屋根の緑色からは様変わりします。

出典: tokai-tv.com

石垣調査再開へ向けて調整会議

名古屋城木造復元に必要な石垣の調査がストップ…市と有識者が調整の会議 2017年12月18日 名古屋テレビ

18日の石垣部会のメンバーと名古屋市との話し合いでは市側から、河村市長が瀬口座長に発言の撤回を求めたことなどが伝えられたということです。名古屋市は「速やかな調査再開を期待して返答を待ちたい」としています。

出典: www.nagoyatv.com

天守閣 来年GWめどに木造復元完成まで入場禁止へ

名古屋城天守閣 来年GWめどに木造復元完成まで入場禁止へ 工事中は建設の様子を見学も 2017年12月4日 東海テレビ

4日午前に開かれた名古屋市議会の委員会で、市は石垣の内側の状態を調査するため、来年のGW明け5月7日をめどに、現在の天守閣の入場を禁止する考えを示しました。 期間は木造天守閣が完成するまでとしていますが、復元工事中は建設中の天守閣を見学できるようにしたいとしています。

出典: tokai-tv.com

石垣調査、中断

名古屋市は4日の市議会経済水道委員会で、名古屋城天守台石垣の発掘調査を中断していると明らかにした。有識者会議が紛糾し、発掘調査の助言を得られないのが理由。木造新天守の「2022年末の完成」という工期が遅れる可能性があり、来年1月には調査を再開したいという。

出典: www.asahi.com

エレベーター、議論白熱

名古屋城木造天守閣EV問題 名古屋市が設置含め再検討 忠実復元にこだわる市長は否定的 2017年12月1日 東海テレビ

名古屋城木造天守閣のエレベーター問題。名古屋市は障害者団体に対し1日、エレベーターの設置も含め、再度検討する考えを示しました。

5年後の完成を目指す名古屋城の木造天守閣をめぐっては、市がエレベーターを設置しない方針を示していたのに対し、障害者や支援者らでつくる「愛知障害フォーラム」が見直しを求め質問状を提出していました。

これを受け名古屋市は1日、団体に対しエレベーター設置の可能性も含めて再度検討する考えを示しました。

出典: headlines.yahoo.co.jp

 忠実復元か、弱者配慮か 名古屋城のエレベーター、議論白熱 2017年11月21日 中日新聞

名古屋城の木造天守復元で、名古屋市がエレベーターを設置しない方針を示したことに、障害者らから「車いす利用者が上れなくなる」と反発の声が上がっている。河村たかし市長は、江戸時代の築城時に近い復元を目指しており、エレベーター設置の是非を巡る議論が白熱している。

出典: www.chunichi.co.jp

有識者 石垣の安全巡り溝

名古屋城の木造復元へ影響必至 2017年11月17日 読売新聞

名古屋城天守閣の木造復元で、築城以来の石垣の保全について検討する有識者会議の「石垣部会」が部会解散も辞さない姿勢を示し、特別史跡の保存と活用を巡って、有識者の間で大きく意見が分かれる異例の事態となった。

出典: www.yomiuri.co.jp

忠実復元へエレベーターなし

名古屋城、エレベーターなし 忠実な木造復元へ市方針 2017年11月16日  中日新聞

名古屋城天守閣の木造復元で、名古屋市は江戸時代に築城された当時の姿をなるべく忠実に再現するため、エレベーターを設置しない方針を固めた。代わりに、階段の壁に取り付けたレールを伝い、いすが昇り降りする階段昇降機を整備し、障害者や高齢者に配慮する。

出典: www.chunichi.co.jp

寄付1億円超

名古屋城木造復元、寄付1億円超に 3カ月で 2017年10月30日 日本経済新聞社

名古屋市は30日、名古屋城天守閣の木造復元に向け7月下旬に始めた「金シャチ募金」への寄付が、今月18日時点で1億1283万円になったと発表した。個人からは491件で9588万円、法人・団体からは37件で1560万円、募金箱には135万円の寄付が集まった。個人の最高額は1千万円という。

出典: www.nikkei.com

初の合同部会

名古屋城復元で初の合同部会 「石垣部会」と「天守閣部会」2017年10月13日 日本経済新聞社

 名古屋市は13日、名古屋城天守閣の木造復元や文化財保護を話し合う「特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議」を同市内で開いた。今まで石垣保護を優先すべきだと主張する「石垣部会」と、木造復元の具体的な設計案を話し合う「天守閣部会」の専門家が別々に議論していたが、今回初めて一堂に会して意見交換した。

出典: www.nikkei.com

石垣調査許可

名古屋城天守閣の木造復元事業を巡り、名古屋市が申請していた石垣周辺の調査を文化庁が許可していたことが分かった。市東京事務所によると、許可は15日付。許可が出ない場合、木造復元事業の全体工程が遅れる可能性が指摘されていた。

出典: mainichi.jp

名古屋城木造化 文化庁に理解求める 河村市長が訪問 2017年6月6日 日本経済新聞

名古屋市の河村たかし市長は6日、名古屋城天守閣の木造復元を巡り、文化庁を訪れ、施策への理解を求めた。河村市長は同日、市役所内で記者団に対し「(文化庁からは)すばらしい石垣があるのでこれと(木造復元を)どう調和させるか、文化庁も知恵を出すと言われた」と会談の中身を語った。

出典: www.nikkei.com

基本協定締結

天守閣の木造復元事業で基本協定 2017年5月9日 毎日新聞

名古屋市は9日、名古屋城天守閣の木造復元事業で、事業者の竹中工務店と基本協定を締結した。戦後に鉄筋コンクリートで再建された天守閣の木造復元は全国初。総事業費は最大504億円で、2022年12月の完成を目指す。

出典: mainichi.jp

木造復元を決定

名古屋城の木造復元を決定 総工費500億円 22年完成へ 2017年3月24日 東京新聞

名古屋城天守閣の木造復元に向けた基本設計費など約十億円の補正予算が、二十三日の名古屋市議会本会議で自民、民進両党などの賛成多数により可決、成立した。文化庁によると、コンクリートで造られた天守閣の木造による建て直しは全国初。二〇二二年の完成を目指し、総工費約五百億円の大型事業が始動する。

出典: www.tokyo-np.co.jp

Iconic One Theme | Powered by Wordpress