戦国時代」カテゴリーアーカイブ

【日本史】2020年 戦国時代 安土桃山時代の新発見ダイジェスト

日本史は、日々の研究や発掘の成果により更新されています。それでも、いつどんな発見があったのかは、あまりに多くの発見があるために忘れてしまいがちです。ここでは、2020年の戦国時代と安土桃山時代の新発見を月ごとに記録してま… 続きを読む »

【日本史】2019年 戦国時代 安土桃山時代の新発見ダイジェスト

日本史は、日々の研究や発掘の成果により更新されています。それでも、いつどんな発見があったのかは、あまりに多くの発見があるために忘れてしまいがちです。ここでは、2019年の戦国時代と安土桃山時代の新発見を月ごとに記録してま… 続きを読む »

【名家のその後】伊勢宗瑞の小田原城攻めと追われた大森氏のその後

明応4年(1495)に伊勢宗瑞(北条早雲)が大森氏が拠る小田原城を落とし、その後の約100年に渡る後北条氏の相模国、そして関東支配の礎を築きました。この記事を書いているのは2月16日なのですが、この小田原攻めも一説には2… 続きを読む »

【新発見】信長 家康の戦略拠点 小牧山城の発掘調査進む

小牧山城の発掘調査で本丸西側の斜面に「虎口」の跡とみられる新たな石垣が発見されました。以前は、信長の美濃攻めの戦略拠点として、短期間の利用を前提とした簡易な城と考えられていましたが、近年の発掘調査でその全貌が明らかになる… 続きを読む »

【戦国時代】「三日月の丸くなるまで南部領」南部氏戦国大名化初期の館 遺構発掘進む

今日(2017年11月8日)もまた新たな発見のニュースがありました。今回は、「三日月の 丸くなるまで 南部領(三日月のとき出発して、満月になるまで歩いてもまだ南部領というくらい領土が広い!)」と謳われ、南部氏の最盛期を築… 続きを読む »