【日本史】2020年 平安時代の新発見ダイジェスト

投稿者: | 2020年4月18日

日本史は、日々の研究や発掘の成果により更新されています。それでも、いつどんな発見があったのかは、あまりに多くの発見があるために忘れてしまいがちです。ここでは、2020年の平安時代の新発見を月ごとに記録してまいります。今年も驚くような新発見に出会えますように…。(2020年4月18日最終更新)

1月

平安後期の壺が出土 経筒を納めて埋められた 京都・北野天満宮で展示  2020年1月3日 京都新聞

北野天満宮(京都市上京区)はこのほど、お経を入れた経筒の容器とみられる平安時代後期の壺(つぼ)が境内地で出土したと発表した。仏教に由来し、文献や絵図には記録がない「経塚」があったことを裏付け、北野社が神仏習合の聖地として信仰されたことを示す。

出典: www.kyoto-np.co.jp

新発見は随時更新してまいります。